口臭の種類とメカニズムを教える総合情報サイト

口臭が発生するメカニズムについて解説

バクテリアによって起こる口臭のメカニズム

口臭のメカニズムについてですが、そのほとんどが口内で繁殖したバクテリアが原因であると考えられています。口内のバクテリアは非常に多く、歯磨きをする人でも約2千億ものバクテリアが存在します。このバクテリアは私たちが生きる上で必要不可欠なものになっているのですが、口臭の原因にもなる物質でもあるのです。

この口内に無数に存在するバクテリアから多彩が腐っているような臭いや卵が腐ってしまっているような臭いなどをガスとして発生し、これらが混ざって生まれるものが口臭の正体になっています。なので口臭をケアするというのは口内のバクテリアの数をどれだけ抑えるかが口臭対策になってくるかと思いますので、ぜひ覚えておきましょう。

唾液の量が少ないと口臭が発生する

口臭と言うものは唾液の量が少ない場合にバクテリアが発生しやすくなります。バクテリアは酸素の少ない場所を好むもので、酸素が多い場所には多く発生しません。なので口内の唾液の量が少なく乾いていたりしている場合には口臭が発生しやすくなるので、注意が必要になってきます。なので口臭についてケアをする為には、唾液の量を増やすことが大切になってきます。

唾液の量を増やすためには、リラックスをすることが大切です。ストレスを感じると唾液の量が少なくなってしまい、口臭も発生しやすくなってしまいます。なのでまずは心を落ち着けてリラックスをしてみることがお勧めです。
また、酸素の多い場所はバクテリアが発生しにくいという事ですが、多くの酸素を取り込むために空気を大きく吸い込むことは逆に口内が乾燥してしまい、口臭を悪化させてしまいますので注意してください。